中田敦彦のyoutube大学の裏の彼の作業量がヤバイ?!【人気の裏の圧倒的努力量】

YouTube
この記事は約5分で読めます。
  • 月間登録者ランキング 1位(2019年5月)
  • 月間登録者ランキング 9位(2019年7月)
  • 月間登録者ランキング 3位(2019年9月)

これは、オリエンタルラジオの中田敦彦が運営するyoutubeチャンネル「中田敦彦のYouTube大学」の猛烈な人気急上昇具合がよく分かるデータです。

その急成長の理由として

元々の知名度のお陰でしょ。

という人も多いです。

確かに少なからずそれもあるとは思いますが、しかし実際はそうではありません。

事実、この「中田敦彦のYouTube大学」の前にも一年ほど、今とは全く違うコンセプトでyoutubeをしていたんですが、そっちは全く伸びなかったのです。

なぜ今のチャンネルが爆伸びしているのか。

そのポイントは、圧倒的情報量です!

とあるラジオ番組にて

ラジオ番組『オールナイトニッポン0』にて2019年11月9日、youtubeチャンネル「カジサック」もやっている、キングコングの梶原雄太がのパーソナリティを務めた際、ゲストとして中田敦彦、ヒカル、ラファエルも参加。

その回ではもちろんYouTubeの話題が繰り広げられていました。

その中で、中田敦彦がYouTubeの動画を作る為に普段からどんな努力をしているかが語られていました。

彼の運営しているyoutubeチャンネル「中田敦彦のYouTube大学」の動画は、彼自身がホワイトボードを使って視聴者に向けて歴史やお金など、様々なテーマで授業をするという形態になっています。

芸人やタレントとしてテレビで様々な仕事をこなしてきた経歴がある分、その動きや仕草は視聴者を魅了するのがとてもうまいです。

しかし彼自身、そこに関しては「それは長年の経験で身についたものだから、もう目を瞑っても出来る」と言っていました。

こう聞くと、一見彼にとってはこのチャンネルの継続はそこまでハードではないのかなと思ってしまいがちです。

しかし、実はこの人気急上昇の裏には彼のとてつもない努力があったのです。

動画を出すには知識を取り入れ続けなければいけない

youtuberと言えば、その作業時間は撮影と編集がほとんどだと思われがちです。

しかし彼は、

毎日本を読んでカフェで勉強してっていう時間が長いんですよ

と語っていました。

それもそのはず、彼の「授業をする」という動画はその性質上、彼自身が一番知識を蓄えていないといけません。

しかも毎日投稿をしているため、彼にいくら知識があったとしても、毎日動画を作っていては人間一人の知識量であれを運営するには全く足りません。

なので必然的に

知識量を常に増やし続けなければいけない

という事になるのです。

今の時代、様々な媒体から知識を得ることが出来ますが、その中でも彼は主にを読んで知識をつけているのだそうですです。

この記事の終盤にも書いていますが、彼にとって教養は、「大人の必須アイテム」と考えています。

なので彼自身、学ぶ事に対してはそこまで苦痛ではないと言います。

しかし、それでもやはり「中田敦彦のYouTube大学」を運営するために必要な知識量はとてつもないです。

そのために彼はなんと

二日間で一冊の本を読破しています!!

そしてその上で動画まで作らなくてはいけないので恐ろしい作業量です…

しかも毎日投稿ですよ。

彼はその作業量に対して

定期テストの前の詰め込みみたいなんやるじゃないですか?
テスト前だから前日と今日だけやるか、みたいなのが、毎日続くっていう

と語っていました。

そんな現状を中田は「無限地獄に入ってる」と表現。

やはり、彼のチャンネルがこんなにも急成長しているのは彼の知名度やタレントとして培ってきたスキルだけではなく、彼の圧倒的な作業量にあると言えます。

中田敦彦の考え方

「好きだから、楽しいからやってる」

彼にとってメインは収益ではないようです。

彼のチャンネル「中田敦彦のYouTube大学」のキャッチコピーは、「新時代を生き抜くための教養」です。

先程も言ったように、彼は教養を「大人の必須アイテム」と考えています。

なぜ「必須」と言っているかというと、教養は自分を「アップグレード」させるために欠かせないものだから、と語ります。

どういう事なのか。彼はこう言います。

今、世界は急激は速度で変化を迎えようとしています。

そんな時代に、自分が今持っている経験と知識だけで立ち向かおうとするのは、冷静に考えて、かなり無理があります。

だから、「新時代を生き抜くための教養」が、大人が生きていく上での必須アイテムなのです。

今はインターネットがある上、学びをテーマにしたブログやメルマガも沢山あり、紙の本を読むにしても、アマゾンがあればどこからでも簡単に手に入るようになりました。

現在、学びたい」という欲求さえあれば、いくらでも自分で学べる環境が揃っている

これからの時代、「独学ができる人」と「独学ができない人」の間にかなり大きな差が生まれる。

これが、彼が教養を「大人の必須アイテム」を語る理由です。

まとめ : これからは知識がものをいう時代

中田敦彦の話からは少し外れますが、実業家であり投資家でありタレントでもあるホリエモン

そして、匿名掲示板・2ちゃんねるの開設者であり東京プラス代表取締役であり有限会社未来検索ブラジルの取締役でもある西村博之

彼らを初めとする様々な実業家達も、同じような事を言っています。

例えばホリエモンであれば、「情報だけ武器にしろ。お金や人脈、学歴はいらない!」という書籍を出版していたり、博之氏も「知識が薄いから貧乏になる」と言っています。

ひと昔前までは、ひたすら会社の言う事に従って動いていればそれでよかったかもしれません。

しかし先程も言ったように、今世界は急激な変化を迎えています。

そこで必要になってくるものが

個の持つ知識や情報

これに変化しているのです。

そしてそれらを使って実際に行動している人というのはやはり成功している人が多いです。

逆に考えると、今の時代に「知識が少ない」というのは、生活しているだけでも知識のある人に比べて大きな損失な訳です。

これからを生きる人として、やはりこの時代に沿った動きをしていかないと、一生波に飲まれるだけですし、やはり一生裕福な暮らしは望めないでしょう。

中田敦彦の話をしてたのになんかテーマが大きくなってしまった…

YouTube
ツキコマ

都内の情報系大学に通う理系大学生。
このブログでは余裕のある生活を送るためのマインド構築や知識。その他にもyoutuberのネタやアーティストの曲紹介など、自分の好きな事をいろいろ紹介していこうと思っています!
宜しければ下のボタンからTwitterのフォローもお願いします!

ツキコマをフォローする
ツキコマをフォローする
ツキコマの寝床

コメント

タイトルとURLをコピーしました