ツキコマのバイナリーオプション奮闘記その7

BO奮闘記
この記事は約3分で読めます。

こんにちは、ツキコマです。

最近は好きなyoutuberであるEvisJapの投稿頻度が落ちてきていて悲しいです。

さぁ、今回は実弾トレード編第2回ということで、実弾トレード開始して半月〜1ヶ月半の計1カ月分、つまり2019年9月中のトレードの結果を書いていこうと思います!

なぜ1ヶ月分もまとめて出したかと言うと、申し訳ないことにリアルタイムにこっちのBO奮闘記の記事が全く追いついてないので、この辺で一気に出して調整しようという魂胆です。

9月中の手法としては変わらず、RSIと移動平均線を使ったレンジ相場での逆張り手法になっています。さぁでは早速結果を公開していこうと思います。

たくさんあるよ!

9月の結果

というわけで、これらを集計すると…

117戦 57勝 60負

負けてんじゃん…

ま、まぁ、始めたてだしデモトレードは6割出してたけど仕方ないですね!

とは言ってもどうして負けてしまったのかが分からないことには反省のしようがないので、今回の敗因と考察をしていきます。

前回の反省と今回の考察

さて今回の結果の考察ですが、まず言えるのは「トレードが多すぎる」ということですね。

以前デモトレードの際の反省点でも書いた様に、BOは「少ないトレードで確実に勝つ」というのを軸にして取り組むものです。

1日に10回トレードして6勝4負するよりも、2回だけトレードしてどちらも確実に勝っていく方が利益は大きいですしね。

この「トレードが多すぎる」という事は、言い換えると「適当なところでトレードしてしまっている」という事です。

稼いでいるトレーダーですら、1日にエントリーポイントは2回あればいい方だと言ってるので、今回は確実に無駄なトレードが多すぎました。

じゃあどれくらいの回数に収めればいいんだろう

1日に2回エントリーするとして月に約22日間やるとすると、単純計算すると月のトレードは44回を超えないはずです。

なのでこのあたりの数字を目指しつつやっていきます。

しかし、言うは易し行うは難しという言葉もあるように、トレードが多すぎると分かっていながらこれだけのトレードをしてしまったのにはやはり原因があります。

やはり、これもデモトレードの時に反省として出ていた「メンタルの維持」です。

これが出来ない限り、分かっていてもトレード回数を抑えるのは難しいです。

なので頑張ってこの辺りを改善しつつ、これからも試行錯誤しながらやっていこうと思います。

次回予告 トレンド手法に転換!?

BO奮闘記
ツキコマ

都内の情報系大学に通う理系大学生。
このブログでは余裕のある生活を送るためのマインド構築や知識。その他にもyoutuberのネタやアーティストの曲紹介など、自分の好きな事をいろいろ紹介していこうと思っています!
宜しければ下のボタンからTwitterのフォローもお願いします!

ツキコマをフォローする
ツキコマをフォローする
ツキコマの寝床

コメント

タイトルとURLをコピーしました